大谷翔平の移籍先に“渋チン”マーリンズが急浮上!8月からマイアミで「ヒリヒリする」可能性

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(28)が日本時間7日、敵地マイアミでのマーリンズ戦に8勝目(4敗)をかけて「3番・DH」で投打同時出場。7回10奪三振1失点、打者としては決勝の2点適時打を放つ活躍で、エンゼルスの連敗ストップに貢献した。

 エンゼルスは、前日まで4戦連続3安打以下と打線が振るわず、5戦連続の2ケタ三振。2日のアストロズ戦から4連敗で借金は今季ワーストの8に膨れ上がった。首位アストロズとは17ゲーム差のア・リーグ西地区4位で、地区優勝以外の最高勝率チームがプレーオフに進出するワイルドカード(WC)争いでは3位ブルージェイズに7ゲーム差と離され、早くもポストシーズン進出は絶望的な状況である(数字は全て6日現在)。

■主砲トラウトと大谷の放出論

 投打の歯車が狂ったまま、一向にチーム状態が上向く兆しすら見えない中、複数の米メディアが連日のように主砲トラウトと大谷の放出論を唱えている。2030年まで総額400億円超の長期契約を残すトラウト、来季終了後FAになる大谷の2人、もしくはどちらか1人を放出して見返りに他球団の若手有望株を手に入れ、チーム再建に動いた方が得策というわけだ。

 今季、好不調の波が激しい上に高給取りのトラウトはともかく、パフォーマンスに加えて集客力も見込める大谷は今季トレード市場のデッドライン(8月3日)に向けた目玉のひとりだ。

 FAになる来季終了後の大型契約も見据えて、それなりに資金力があって選手層の薄い球団がエ軍にトレードを打診するとの臆測が飛び交っている。オフならともかく、資金力があって結果も出しているヤンキース、ドジャース、メッツなどがこの時期、起用法に注文のつく大谷をトレードで獲得するメリットはないからだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍