大谷翔平はグラウンド外収入26億円!ブランド力も屈指「ヤンキース移籍」がスポンサーの総意

公開日: 更新日:

 二刀流スターに、新たなブランドが加わった。

 4日、エンゼルスの大谷翔平(28)が自動車大手のポルシェジャパンとブランドパートナー契約を締結したことが明らかになった。同社によると、大谷が自動車メーカーのブランドパートナーに就任することは初めてだという。

 大谷は同社を通じて、「ポルシェは僕にとって今まで憧れであり、そして夢でもありました。一人のアスリートとして、ポルシェという洗練された情熱を持つスポーツカーブランドと一緒に活動できることをうれしく思っています」とコメントした。

 今年4月、経済誌「フォーブス」が、大谷とパートナー契約を結ぶスポンサーがセイコー、アシックス、米FTXなど日米合わせて15社に上り、グラウンド外の収入は2000万ドル(約26億円)と試算。これは2位のハーパー(フィリーズ)の650万ドル(約8.5億円)の3倍超で、メジャーで断トツの金額だ。

 大谷を巡っては今夏、来季のFA権取得とチームの低迷により、トレード騒動が勃発した。エンゼルスは大谷を放出しなかったが、ヤンキース、ドジャースなど10球団程度が獲得に動いたといわれる。改めて、大谷が多くの球団から高い評価を受けていることがハッキリした。

 大谷がFA権を取得すれば、球界最高年俸のシャーザー(メッツ=約58億円)以上の契約になるのは必至。選手としての価値がますます上がっているだけに、早ければ今オフにも再びトレードが浮上する可能性もある。

 そんな中、あるスポンサー筋から、「大谷選手が移籍するなら、ヤンキースのピンストライプのユニホームを着てもらいたい」との声が聞こえてきた。

 ヤンキースといえば、地元紙の「ニューヨーク・ポスト」がトレード騒動の際、「ショウヘイ・オオタニの獲得を真剣にオファーした数少ないチームのひとつ」と報じるなど、大谷の獲得を熱望している。大谷が日本ハムからポスティング申請した2017年オフにも交渉のテーブルにつく手前まで行っており、二刀流の動向を注視していることは間違いない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか