大谷翔平104年ぶり「2桁勝利&2桁本塁打」達成も…サイ・ヤング賞はスプリットの精度次第

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(28)が日本時間10日、敵地オークランドでのアスレチックス戦に10勝目をかけて登板し、六回4安打5三振無失点で今季10勝目を挙げた。打っては日本人メジャー通算700号となる25号アーチを放ち自らを援護。ベーブ・ルース以来104年ぶりに、メジャーで「2桁勝利&2桁本塁打」を達成した。

 ◇  ◇  ◇

 今季の大谷は、昨季決め球にしていたスプリットを減らし、スライダーを多投。7敗目を喫した前回8月4日のアスレチックス戦では99球中61球がそうで、今季のスライダーの比率は全投球の35.9%に達した。メジャーでは肘の故障を招くとされる球種を多投することにも本人は「一番、効果的な球なので」と意に介さない。

 米メディアからも特定の球種に頼り過ぎることで故障を懸念する声が上がっている。大谷が周囲の声に耳を傾けず、スライダーを多投している理由は今季序盤、スプリットの制球が定まらなかったからだ。

 これは大谷も開幕前から織り込み済み。過去の経験から本拠地アナハイムをはじめとする各球場の気象条件を熟知しているのだろう。季節によって球種を投げ分けているそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景