元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

カタールW杯で歯がゆい思いをした板倉滉は「次のW杯はやってやる」とリベンジを誓った

公開日: 更新日:

板倉滉(ボルシアMG・DF/24歳)

「カタールW杯は、自分にとって凄い大きな大会だった。言葉に表すのが難しいくらい、と改めて感じています。今後は大舞台を経験したメンバーが中心となって、リーダーシップを取っていかないといけない。キャプテンをやれと言われたら? もちろんそれはやりますけど…」

 2月に現地取材に赴き、取材したボルシアMG戦後に笑顔をのぞかせた。

 ドイツでも、器の大きな選手と目されているだけに、森保一監督の期待も大きいはず。3月の第2次森保日本の初陣では新生・代表の守備の要の一挙手一投足に注目だ。

 ◇  ◇  ◇

 カタールW杯は、9月の左ひざ負傷で出場自体が危ぶまれていた板倉。しかし、大会直前に公式戦復帰を果たし、何とか本番には間に合った。

 そしてグループ3試合にフル出場。ドイツ戦とスペイン戦撃破の立役者のひとりとして評価が急上昇した。

 ところが、肝心のクロアチア戦は出場停止。PK戦の末に日本が苦杯を喫するところをスタンドから見る羽目になった。

「最後はピッチに立っていなくて、終わった瞬間はスタンドから見ていた時は、悔しかったですね。何が足りないかを具体的に言うのは難しいけど、とにかく歯がゆさ、やり切れなさはありました。次も絶対この場に帰って来て『やってやる』と思った。次は必ず壁を打ち破りたい」とリベンジを誓った。

 今はドイツで今季後半戦を戦っているが、所属のボルシアMGでは、完全なる守備の主軸として君臨している。

 1月22日にブンデスリーガが再開され、初戦のレバークーゼン戦から全試合9試合フル出場だ。  

 チームは勝ったり、負けたりと出入りの激しい状況ではあるが、2月18日にはドイツ代表FWミュラーやニャブリらがズラリと並ぶ王者バイエルン・ミュンヘン戦に勝利。その原動力となるなど、彼の存在感は確実に増している。

「このままいけば、早ければ今夏にも欧州ビッグクラブへの移籍する可能性もある」とさえ言われるようになってきた。

 シーズン後の夏に欧州CLに出られるような格上クラブに行ければ、まさに理想的なシナリオだ。

「W杯を終えて1試合、1試合を大事に戦わないといけない、というのはすごく感じている。ドイツにはいろんなFWがいる中で、DFとしてはどういう相手が来ても負けちゃいけない。このチームで結果を出すことによって、もっと上のレベルに行けると思ってますし、チームも勝つことで自分の価値も上がる。そこは意識しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う