西武・山川穂高の強制わいせつ致傷疑惑で…専属の美人メンタルアドバイザーが“もらい事故”

公開日: 更新日:

 炎上は収まる気配がない。

 西武山川穂高(31)に強制わいせつ致傷疑惑がかけられている。「文春オンライン」がこれを報じた翌12日、球団は「総合的に判断してコンディション的に」と、山川を抹消した。

 3度の本塁打王とベストナイン賞獲得の活躍でチームを支え、その明るいキャラクターで男女問わず根強いファンを抱えていただけに、球界内外に与えた衝撃は計り知れない。当の山川は被害者の女性との肉体関係や行為中の出血については認めているものの、報じられている「強制わいせつ」という部分は強く否定しているため、捜査の進展が待たれる。

 そんな中、“もらい事故”に遭っているのが精神科医、産業医、スポーツメンタルアドバイザーとして活躍する木村好珠氏(33)だ。東邦大医学部時代はミス日本グランプリ決定コンテストで準ミス日本を受賞。かつてはグラビアモデルをこなした美貌の持ち主で、21年オフから山川の専属メンタルアドバイザーを務めていることでも知られる。

 昨季の129試合で打率.266、41本塁打をマークした山川の活躍を支え、日本中に熱狂と感動をもたらした今春のWBC開催中も密に連絡を取り合い、陰から世界一をサポート。WBCを機に、その経歴や容姿も話題となり、メディアにも引っ張りダコで一躍時の人になった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

  2. 7
    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

  3. 8
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!

    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!