NEC軽井沢72で悲願の初V!人気プロ菅沼菜々「広場恐怖症」克服し海外メジャー挑戦は?

公開日: 更新日:

【NEC軽井沢72ゴルフトーナメント】最終日

 3打差の単独首位でスタートした菅沼菜々(23)は、神谷そらに18番で通算16アンダーに並ばれプレーオフへ突入。2ホール目に振り切り、悲願の初優勝を果たした。

 昨季は出場33試合でトップ10が15度もありながら未勝利に終わった。

 菅沼は厳しい勝負の世界に生きるプロらしからぬ言動が人気の要因だ。

「公式インスタグラムやユーチューブだけでなく、人差し指と中指で作るハートマークや、プレーを待つ間の『体育座り』や、カメラマンにみせるピースサインなど、見られることを常に意識している。アイドル好きなので、この日は自分がアイドルになりきった気持ちでプレーしたと言ってました」(ツアー関係者)

 今回の優勝でひと皮むけて、来季は海外メジャー挑戦を期待するファンも少なくないだろうが、菅沼はそれができない持病を抱えている。飛行機や新幹線、船など、閉じられた空間や自力で外へ出られない状況が長時間続くと動悸や息苦しさなどの発作が起こる不安障害の「広場恐怖症」だ。今季も沖縄や北海度開催の大会には出ていない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路