女子海外組ひさびさ国内戦でバトル もう一つの見どころは「ホステスプロ」の面目保てるか

公開日: 更新日:

「優勝争い」がミッションだ。

 15日開幕の住友生命レディス東海クラシック(愛知)に、米ツアーが主戦場の西村優菜(23)と古江彩佳(23)が参戦する。西村は7月のエビアンから8連戦目。フランス-スコットランド-イングランド-北アイルランド-カナダ-米オレゴン-米オハイオまで「地球約1周半」の移動距離を経て、愛知に入った。

 西村は大会の特別協賛会社とスポンサー契約を結んでいるホステスプロだ。昨年はディフェンディングチャンピオンとして臨み、1打足りずに予選落ちした。世界で揉まれている今季は「成長している」という自負がある。是が非でも優勝争いに絡みたいところだ。

 ホステスプロとして面目丸潰れだったのが渋野日向子(24)だ。6月の宮里藍サントリー女子オープンは所属先のサントリーが主催に名を連ねる大会だった。それが2打足りずにまさかの予選落ち。ファンや関係者をがっかりさせた。

 渋野は全米女子オープンの開幕前日、全米ゴルフ協会の主催大会にオフィシャルカーを提供している米国レクサスとの契約が発表された。ところが大会は通算14オーバー133位とボロボロ。ここも予選で姿を消した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ