阪神・岡田監督 佐藤輝明「三塁レギュラー白紙」の深謀遠慮…遅刻癖、緩慢プレーにかねてより苦言

公開日: 更新日:

 佐藤輝明(24)が初日からシゴキを受けた。

 全体練習後、サブグラウンドで約40分の特守。馬場内野守備走塁コーチのノックで右へ左へボールを振られ、大粒の汗を流した。

 その佐藤輝に、岡田彰布監督(66)は三塁のレギュラーを確約していない。就任1年目の昨季は三塁固定を明言していたが、ベースボールマガジンで連載中の自身のコラムで「もちろんすべての面で佐藤(輝明)には期待しているけど、要は伸びしろの問題。(中略)バッティングもそうだが、守備での成長も必要」と指摘している。

 佐藤輝は昨季、3年連続20本塁打以上をマークした一方で、20失策と、守備で足を引っ張った。馬場守備走塁コーチも「(守備は)まだまだ素人」とハッパをかけている。

 そこで思い出すのが近大時代の恩師・田中秀昌前監督の言葉だ。田中前監督は佐藤輝の守備練習に身が入っていないとみるや、「もっとボールに飛び込め、そんなプレーをしていたら、プロでは淘汰されるぞ」と叱り、練習に遅刻した際も厳しく注意した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」