ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

公開日: 更新日:

フレディ・フリーマン(内野手/背番号5)

 今季、メジャー15年目を迎える左打ちのスラッガーだ。

 短縮シーズン(60試合)だったブレーブス時代の2020年のキャンプ前にコロナウイルスに感染。高熱や嗅覚障害など重症を患って大幅な調整の遅れを強いられたが、開幕に間に合わせて全試合に出場し、打率.341、13本塁打、53打点でナ・リーグMVPに選出された。

 ブ軍からFAになったフリーマンは22年3月、ドジャースと6年総額1億6200万ドル(当時約190億円)で合意したが、契約内容に不満を抱いて代理人のケーシー・クロース氏を解任した。

 07年のドラフト2巡目で入団してからブ軍一筋で、本人は残留を希望。当時のアトランタのメディアなどによれば、球団から5年総額1億4000万ドルを提示され、本人が納得したにもかかわらず、クロース氏が上積みを要求したという。業を煮やしたブ軍は方向転換し、アスレチックスからトレードで獲得した同じ一塁手のマット・オルソンと8年総額1億6800万ドルで契約延長した。

 契約年数、年俸総額ともブ軍を上回るド軍に移籍したとはいえ、平均額はド軍が2700万ドルで、ブ軍の2800万ドルを下回った。ブ軍の本拠地であるジョージア州と比べてはるかに高いカリフォルニア州の住民税を支払うと、年俸の目減りが避けられないだけに、代理人に対して不信感を抱いたようだ。節税のため、シーズン中はロスに居を構え、オフには元女優のチェルシー夫人とともにアトランタの自宅で暮らしているという。

 アナハイム近郊で生まれ育ったことから、幼少時からエンゼルスファン。ジャマイカ出身の選手で唯一、2000安打を達成し、エ軍の主砲だったチリ・デービスが憧れの存在だった。

 トレーディングカードの収集家で、子供の頃に集めたデービスのものだけでも100枚以上、所有している。

1989年9月12日
米カリフォルニア州ファウンテンバレー
34歳 196センチ、100キロ
右投げ左打ち
打率.331、102打点、29本塁打
40億5000万円

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今