阪神・大山悠輔を絶不調に変えた根本原因…良かれと取り組んだオフの肉体改造が裏目

公開日: 更新日:

「どうやって打てばいいか分からない」という言葉が深刻な状況を物語っている。

 4日に二軍落ちが決まった阪神大山悠輔(29)のことだ。

 打率はリーグワーストの.199で本塁打もわずか3本。岡田彰布監督(66)は「相当、自信を失っている」と曇り顔で、当面は二軍でミニキャンプを張ることになった。

 開幕直前に下半身の張りでオープン戦を4試合連続欠場。ぶっつけ本番で開幕を迎えた影響もあるのだろう。昨季は全試合に4番で出場し、打率.288、19本塁打、78打点をマーク。99四球を選び、最高出塁率(.403)のタイトルを獲得した。2018年から昨季まで6年連続で2ケタ本塁打をマークした打者とは思えない惨状だ。

 その大山について岡田監督は「体のキレが全然ない」とバッサリ。力んで直球に差し込まれる場面が多いことに不満を感じているようだ。ロッテ西武で通算2081安打をマークした名球会会員の山崎裕之氏はこう言う。

「大山ほどの選手なら、調子が落ちてきたときにどう対処すればいいかを理解しているはず。にもかかわらず、自分を見失うのですから、かなり深刻な状況と言えます。コンディションに問題がないのなら、岡田監督が言うように、まずは二軍で体のキレを取り戻すべきでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ