“懲罰二軍落ち”阪神・佐藤輝明に「藤浪化」の危険すぎる兆候…今が飛躍か凋落かの分水嶺

公開日: 更新日:

 鳴尾浜で汗まみれになりながら、ノックを受けた。15日、一軍登録を抹消された阪神佐藤輝明(25)である。

 二軍が練習試合を行う昼すぎ、田中二軍内野守備走塁コーチとともに、隣接する鳴尾浜臨海野球場へ。報道陣やファンが見守る中、普段は高校球児らが使用するグラウンドでおよそ50分もの間、ノックで絞られた。

 佐藤輝は14日の中日戦でチームの敗戦に直結する失策を犯し、岡田彰布監督(66)から二軍落ちを告げられた。1点リードで迎えた八回無死二塁。田中の犠打は捕手坂本の目の前に転がった。素早い送球で二塁走者の三進を防いだ…と思いきや、佐藤輝が坂本の送球を痛恨の落球。一、三塁とピンチが広がると、マウンドの村上は続くカリステに同点打を許すなどこの回、3失点。チームは逆転負けを喫した。

 今季リーグワーストタイの6失策と、精彩を欠く佐藤輝に岡田監督は試合後、「あれで終わりよ。キャッチボールやからな」と呆れ顔。事実上の懲罰降格である。

 その翌日に早速、特守を課されたわけだが、岡田監督と同じ1985年日本一戦士の福間納氏は、「首脳陣には見せしめの意図もあったのでしょう」と、こう続ける。

■「岡田監督は我慢した」

「これだけの凡ミスを重ねる以上、二軍落ちは妥当です。むしろ、岡田監督はよく我慢して使い続けたと思います。守りの野球を掲げるだけに、不用意なミスを最も嫌いますから。厳しい言い方になりますが、今季の佐藤輝は例年以上に走攻守において覇気がなく、緩慢なプレーが目立ちます。走塁ではスキを突かれて牽制で刺されるし、肝心の打撃も打率.209、3本塁打、17打点でリーグ最多の47三振。ボール球に手を出す悪癖は相変わらずです。4番の大山も今季は不振が続いていますが、しっかり振り切っての三振だから、まだ納得がいきます。このまま一軍に置いておけば、チームの士気に悪影響を及ぼしかねません」

 そんな佐藤輝に危惧されるのが、同じく鳴り物入りで阪神に入団した藤浪晋太郎(30=現メッツ)の二の舞いだ。

 何だかんだで佐藤輝は昨季、左打者としてはNPB史上初となる「入団1年目からの3年連続20本塁打以上」をマークした。

 一方の藤浪も、高卒1年目から3年連続2ケタ勝利を挙げ、同い年のドジャース大谷翔平と並び立つ存在と称されながら、4年目の16年以降は極度の制球難に悩まされ、阪神に在籍した22年までの7年間で、わずか22勝にとどまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ