大谷に本塁打爆増の可能性…格好のカモ“古巣”ア・リーグ西地区は「数多くやってきている」

公開日: 更新日:

 ドジャース大谷翔平(29)が慣れ親しんだ相手に結果を残した。

 日本時間12日、エンゼルス時代に所属したア・リーグ西地区のレンジャーズ戦で、救援右腕アンダーソンの真ん中高めの直球を捉え、6日のパイレーツ戦以来5試合ぶりとなる16号2ランを放った。メジャー通算101個目の盗塁も記録した大谷の働きもあって、チームは昨季のワールドチャンピオンに大勝した。

 試合後の大谷はレ軍との対戦について、「(エンゼルス時代に)数多く同地区でやってきいるので、特別な感じはしなかった。強いチームを相手に全体的にいい試合ができた」と、振り返った。

 レ軍は昨季までの6年間、同地区のライバルとしてしのぎを削ってきた相手だ。ほとんどが初対戦のナ・リーグの投手とは異なり、データがアタマに蓄積されている分、対応しやすいのだろう。

 大谷はエンゼルス時代、同地区のライバル球団相手に多くの本塁打を放った。レンジャーズ戦は計83試合で打率.281、19本塁打、50打点。特に、敵地・グローブライフ・フィールド(旧グローブライブ・パーク含む)では打率.329、12本塁打、31打点の大当たり。長らく低迷するアスレチックスに対しては同.287、18本塁打、49打点。マリナーズ戦(.250)、アストロズ戦(.232)と打率こそ振るわないものの、それぞれ17本塁打、14本塁打をマークしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」