ジャンプ女王 高梨沙羅を待つ「レズ攻勢」と「秘密兵器」

公開日: 更新日:

■同世代の新鋭が続々と出現

 もちろんジャンプ強豪国は、打倒高梨に向けてライバル選手の育成も怠りない。特にここにきて目立つのは高梨と同世代選手の台頭だ。リレハンメル大会では出場選手中最年少14歳のジアニア・エルンスト(ドイツ)が初出場でいきなり2位の大健闘。15歳のエマ・クリネツ(スロベニア)は予選でヒルサイズ(踏み切り台の先頭から安全に着地ができる目安となる距離)の100メートルを4.5メートルも超え、ジャンプ台記録を塗り替えて本戦出場、堂々7位に食い込んだ。8月のグランプリでは高梨を破って優勝している。

 他にも17歳のカトリーヌ・アルハウス(ドイツ)、18歳のコリーヌ・マテル(フランス)らが続々と出てきている。

 現地関係者がこう話す。
「ジャンプ王国のひとつにまだ今季、デビューしていない秘密兵器というべき若手選手がいます。それも複数です。しかも、体形が高梨とよく似ている。高梨の体つき、体力、飛び方、飛型、練習、トレーニングなどを徹底研究して、その上でそうした選手を育てたと考えていいでしょう。それをギリギリまで待ってデビューさせ、高梨にプレッシャーをかける作戦と聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る