W杯メキシコ代表は大会中「SEX禁止」…日本や欧州では?

公開日:  更新日:

やった方がいいのか やらない方がいいのか

「ワールドカップ期間中はサッカーに集中して、禁欲的に過ごしてほしい」

 W杯ブラジル大会に出場するメキシコのエレーラ監督が21日(日本時間22日)、メキシコ市で会見を行い、こう選手に自制を求めた。セックスを禁止するつもりはないとしながら、一方で「禁欲的に過ごしても死にはしない」とも言っているから、事実上の禁止令だ。

 監督、コーチについても「ビーチに行けば水着姿の女性とすれ違うが、見るだけなら指揮に影響しない」と話し、自らにも禁止令を課すつもりのようだ。

 W杯前にはしばしば議論になる問題だが、事情は国によってマチマチ。日本代表は公に禁止令は出していないものの、もちろんダメだ。サッカー関係者がこう言う。

「暗黙の了解というか、分かってるなということです。06年のW杯ドイツ大会のとき、某選手が大量にアダルトビデオを持っていったと報道された。真偽はともかく、要するに自分で“処理”しろということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る