W杯メキシコ代表は大会中「SEX禁止」…日本や欧州では?

公開日: 更新日:

やった方がいいのか やらない方がいいのか

「ワールドカップ期間中はサッカーに集中して、禁欲的に過ごしてほしい」

 W杯ブラジル大会に出場するメキシコのエレーラ監督が21日(日本時間22日)、メキシコ市で会見を行い、こう選手に自制を求めた。セックスを禁止するつもりはないとしながら、一方で「禁欲的に過ごしても死にはしない」とも言っているから、事実上の禁止令だ。

 監督、コーチについても「ビーチに行けば水着姿の女性とすれ違うが、見るだけなら指揮に影響しない」と話し、自らにも禁止令を課すつもりのようだ。

 W杯前にはしばしば議論になる問題だが、事情は国によってマチマチ。日本代表は公に禁止令は出していないものの、もちろんダメだ。サッカー関係者がこう言う。

「暗黙の了解というか、分かってるなということです。06年のW杯ドイツ大会のとき、某選手が大量にアダルトビデオを持っていったと報道された。真偽はともかく、要するに自分で“処理”しろということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る