• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯メキシコ代表は大会中「SEX禁止」…日本や欧州では?

やった方がいいのか やらない方がいいのか

「ワールドカップ期間中はサッカーに集中して、禁欲的に過ごしてほしい」

 W杯ブラジル大会に出場するメキシコのエレーラ監督が21日(日本時間22日)、メキシコ市で会見を行い、こう選手に自制を求めた。セックスを禁止するつもりはないとしながら、一方で「禁欲的に過ごしても死にはしない」とも言っているから、事実上の禁止令だ。

 監督、コーチについても「ビーチに行けば水着姿の女性とすれ違うが、見るだけなら指揮に影響しない」と話し、自らにも禁止令を課すつもりのようだ。

 W杯前にはしばしば議論になる問題だが、事情は国によってマチマチ。日本代表は公に禁止令は出していないものの、もちろんダメだ。サッカー関係者がこう言う。

「暗黙の了解というか、分かってるなということです。06年のW杯ドイツ大会のとき、某選手が大量にアダルトビデオを持っていったと報道された。真偽はともかく、要するに自分で“処理”しろということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る