欧米では多数派…日本人女子選手も「低用量ピル」で五輪実力発揮

公開日:  更新日:

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が28日、都内にアジア各国の同機構を集め、20年東京五輪に向けたシンポジウムを開催。講演したWADA(世界アンチ・ドーピング機関)のハウマン事務局長は、「犯罪の世界もスポーツをつぶそうとしている。ドーピングで金儲けを企む連中が手ぐすね引いている」と警告した。

 6年後の東京五輪でメダルラッシュを狙う日本は、ジュニアの育成に力を注いでいるだけに、特に注意が必要だ。

 多くの国では五輪のメダルに多額の報奨金を出す。お金欲しさに禁止薬物に手を出す選手は後を絶たない。しかし、女性アスリートの場合、五輪本番で最大限の力を出すためにこんな手もある。

■服用してもドーピング違反にはならない

 五輪の開催期間は約2週間。女性選手はその間に生理がくると、体調の変化により100%の力を発揮できないケースも少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る