欧米では多数派…日本人女子選手も「低用量ピル」で五輪実力発揮

公開日:  更新日:

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が28日、都内にアジア各国の同機構を集め、20年東京五輪に向けたシンポジウムを開催。講演したWADA(世界アンチ・ドーピング機関)のハウマン事務局長は、「犯罪の世界もスポーツをつぶそうとしている。ドーピングで金儲けを企む連中が手ぐすね引いている」と警告した。

 6年後の東京五輪でメダルラッシュを狙う日本は、ジュニアの育成に力を注いでいるだけに、特に注意が必要だ。

 多くの国では五輪のメダルに多額の報奨金を出す。お金欲しさに禁止薬物に手を出す選手は後を絶たない。しかし、女性アスリートの場合、五輪本番で最大限の力を出すためにこんな手もある。

■服用してもドーピング違反にはならない

 五輪の開催期間は約2週間。女性選手はその間に生理がくると、体調の変化により100%の力を発揮できないケースも少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る