• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「任侠病院」今野敏著

<ヤクザが病院再建!?>

 下町の阿岐本組は、長く地元住民と共存してきた正統派ヤクザだ。しかし、時代が変わり、世間の見る目も冷たくなり、代貸を務める日村は、心休まる日がない。そんな中、阿岐本の元に弟分の永神から、赤字の病院の話が持ち込まれる。永神が債権者から取り立てを依頼されたらしい。しかし、公共性の高い病院を潰すことに難色を示した阿岐本が自ら立て直すと言い出してしまった。従わざるを得ない日村も、いつの間にか理事として病院経営に携わることになっていた。しかし、調べると病院が業務委託をしている出入り業者のバックに同業者の耶麻島組がいることが分かる。

 痛快極道エンターテインメント。
(実業之日本社 857円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る