「任侠病院」今野敏著

公開日:  更新日:

<ヤクザが病院再建!?>

 下町の阿岐本組は、長く地元住民と共存してきた正統派ヤクザだ。しかし、時代が変わり、世間の見る目も冷たくなり、代貸を務める日村は、心休まる日がない。そんな中、阿岐本の元に弟分の永神から、赤字の病院の話が持ち込まれる。永神が債権者から取り立てを依頼されたらしい。しかし、公共性の高い病院を潰すことに難色を示した阿岐本が自ら立て直すと言い出してしまった。従わざるを得ない日村も、いつの間にか理事として病院経営に携わることになっていた。しかし、調べると病院が業務委託をしている出入り業者のバックに同業者の耶麻島組がいることが分かる。

 痛快極道エンターテインメント。
(実業之日本社 857円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る