「自衛隊員が泣いている」三宅勝久著

公開日: 更新日:

<巨大組織・自衛隊の実像>

 国民からの好感度が過去最高を記録する一方で、年間10万人あたり35~40人と省庁の中でも突出して自殺率が高い自衛隊の実態を告発するルポ。

 04年に自殺した護衛艦「たちかぜ」の乗員の遺族が起こした裁判で浮かび上がる古参隊員の常習的ないじめと規則違反。この裁判では、廃棄されたという文書の存在が内部告発によって分かり、組織そのものの隠蔽体質までもが明らかになる。その他、隊の互助会費を盗んだと濡れ衣を着せられた隊員を自殺に追い込んだ警務隊の強引な捜査や、「徒手格闘」という戦闘技術の訓練中に起きた事故死事件などが証明する日常的暴力、そして幹部と取引業者との癒着など、理不尽な事件の詳細から巨大組織の実像をあぶり出す。
(花伝社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  9. 9

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る