「自衛隊員が泣いている」三宅勝久著

公開日:  更新日:

<巨大組織・自衛隊の実像>

 国民からの好感度が過去最高を記録する一方で、年間10万人あたり35~40人と省庁の中でも突出して自殺率が高い自衛隊の実態を告発するルポ。

 04年に自殺した護衛艦「たちかぜ」の乗員の遺族が起こした裁判で浮かび上がる古参隊員の常習的ないじめと規則違反。この裁判では、廃棄されたという文書の存在が内部告発によって分かり、組織そのものの隠蔽体質までもが明らかになる。その他、隊の互助会費を盗んだと濡れ衣を着せられた隊員を自殺に追い込んだ警務隊の強引な捜査や、「徒手格闘」という戦闘技術の訓練中に起きた事故死事件などが証明する日常的暴力、そして幹部と取引業者との癒着など、理不尽な事件の詳細から巨大組織の実像をあぶり出す。
(花伝社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る