「寿司の教科書」宝島社編

公開日: 更新日:

<1ページ1貫で寿司ネタ68種を徹底解説>

 ユネスコの無形文化遺産に登録される見込みとなった「和食」。中でも「寿司」は自他ともに認める日本の食文化のひとつの頂点であろう。

 しかし、「回る」お店はさておき、職人と向かい合うカウンターに座るのに敷居の高さを感じている方も多いのではなかろうか。本書は、そんな気後れを払拭してくれるガイドブック。知っているようで知らなかった寿司の知識を伝える入門ガイドブックだ。

 例えば、寿司の代名詞ともいえるマグロ。これがなくては寿司は語れないが、このマグロにも実は旬があるのをご存じだろうか。「本まぐろ」と「めばちまぐろ」は10月から2月、「みなみまぐろ」は4月から8月、そして「びんちょうまぐろ」は通年だとか。ちなみに本まぐろは、太平洋で取れたものをクロマグロ、大西洋で取れたものをタイセイヨウマグロと呼ぶそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る

人気キーワード