「寿司の教科書」宝島社編

公開日:  更新日:

<1ページ1貫で寿司ネタ68種を徹底解説>

 ユネスコの無形文化遺産に登録される見込みとなった「和食」。中でも「寿司」は自他ともに認める日本の食文化のひとつの頂点であろう。

 しかし、「回る」お店はさておき、職人と向かい合うカウンターに座るのに敷居の高さを感じている方も多いのではなかろうか。本書は、そんな気後れを払拭してくれるガイドブック。知っているようで知らなかった寿司の知識を伝える入門ガイドブックだ。

 例えば、寿司の代名詞ともいえるマグロ。これがなくては寿司は語れないが、このマグロにも実は旬があるのをご存じだろうか。「本まぐろ」と「めばちまぐろ」は10月から2月、「みなみまぐろ」は4月から8月、そして「びんちょうまぐろ」は通年だとか。ちなみに本まぐろは、太平洋で取れたものをクロマグロ、大西洋で取れたものをタイセイヨウマグロと呼ぶそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る