「寿命100歳以上の世界」ソニア・アリソン著、土屋晶子訳

公開日:  更新日:

■70歳の新米パパとママ!?超長寿化で社会はどう変わる

 人間の寿命はまだまだ延びる可能性を秘めており、150歳ぐらいまでは健康に生きられる日がそこまで近づいているとしたら……。

 ワシントン・ポストでベストセラーとなったソニア・アリソン著、土屋晶子訳「寿命100歳以上の世界」(阪急コミュニケーションズ 2100円)では、科学的根拠をもとに、超長寿化が間近である根拠を紹介。そこから、人間が現在の2倍近い寿命を生きられるようになったとき、個人の生活や社会構造がどのように変わるかを分析している。

 アメリカのアーカンソー大学では、マウスを使ってテロメラーゼと呼ばれる酵素の産生遺伝子を活性化し、いくつかのがん抑制遺伝子を加える実験を行った。するとこのマウスは、健康なままで1.5倍ほど寿命を延ばしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る