• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「寿命100歳以上の世界」ソニア・アリソン著、土屋晶子訳

■70歳の新米パパとママ!?超長寿化で社会はどう変わる

 人間の寿命はまだまだ延びる可能性を秘めており、150歳ぐらいまでは健康に生きられる日がそこまで近づいているとしたら……。

 ワシントン・ポストでベストセラーとなったソニア・アリソン著、土屋晶子訳「寿命100歳以上の世界」(阪急コミュニケーションズ 2100円)では、科学的根拠をもとに、超長寿化が間近である根拠を紹介。そこから、人間が現在の2倍近い寿命を生きられるようになったとき、個人の生活や社会構造がどのように変わるかを分析している。

 アメリカのアーカンソー大学では、マウスを使ってテロメラーゼと呼ばれる酵素の産生遺伝子を活性化し、いくつかのがん抑制遺伝子を加える実験を行った。するとこのマウスは、健康なままで1.5倍ほど寿命を延ばしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る