「寿命100歳以上の世界」ソニア・アリソン著、土屋晶子訳

公開日:  更新日:

■70歳の新米パパとママ!?超長寿化で社会はどう変わる

 人間の寿命はまだまだ延びる可能性を秘めており、150歳ぐらいまでは健康に生きられる日がそこまで近づいているとしたら……。

 ワシントン・ポストでベストセラーとなったソニア・アリソン著、土屋晶子訳「寿命100歳以上の世界」(阪急コミュニケーションズ 2100円)では、科学的根拠をもとに、超長寿化が間近である根拠を紹介。そこから、人間が現在の2倍近い寿命を生きられるようになったとき、個人の生活や社会構造がどのように変わるかを分析している。

 アメリカのアーカンソー大学では、マウスを使ってテロメラーゼと呼ばれる酵素の産生遺伝子を活性化し、いくつかのがん抑制遺伝子を加える実験を行った。するとこのマウスは、健康なままで1.5倍ほど寿命を延ばしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る