• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本の奨学金はこれでいいのか!」伊東達也、岩重佳治ほか著

■サラ金よりも恐ろしい!? 日本の奨学金制度

 大学で奨学金を利用したものの、卒業後その返済に行き詰まる若者が急増している。就職率の低下や失業率の増加から、2012年度の滞納者は、およそ33万4000人にも上っているのだ。“借りた金は返すのが当たり前”と思われるかもしれない。しかし、そもそもシステム自体に問題があると指摘するのが、伊東達也、岩重佳治ほか著「日本の奨学金はこれでいいのか!」(あけび書房 1600円)。いわゆる“貧困ビジネス”になり下がった、日本の奨学金制度の実態を明らかにしていく。

 奨学金の中身は、近年大きく変わっている。1984年まで、日本育英会の奨学金には利子がつかなかった。

 ところが、日本育英会法の全面改正により、無利子貸与から有利子貸与への移行が急速に進んだ。さらに、日本育英会は2004年までに廃止され、独立行政法人である日本学生支援機構が発足。同機構は奨学金制度を“金融事業”と位置づけ、民間資金も導入して有利子枠のみを拡大し続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る