「日本の奨学金はこれでいいのか!」伊東達也、岩重佳治ほか著

公開日: 更新日:

■サラ金よりも恐ろしい!? 日本の奨学金制度

 大学で奨学金を利用したものの、卒業後その返済に行き詰まる若者が急増している。就職率の低下や失業率の増加から、2012年度の滞納者は、およそ33万4000人にも上っているのだ。“借りた金は返すのが当たり前”と思われるかもしれない。しかし、そもそもシステム自体に問題があると指摘するのが、伊東達也、岩重佳治ほか著「日本の奨学金はこれでいいのか!」(あけび書房 1600円)。いわゆる“貧困ビジネス”になり下がった、日本の奨学金制度の実態を明らかにしていく。

 奨学金の中身は、近年大きく変わっている。1984年まで、日本育英会の奨学金には利子がつかなかった。

 ところが、日本育英会法の全面改正により、無利子貸与から有利子貸与への移行が急速に進んだ。さらに、日本育英会は2004年までに廃止され、独立行政法人である日本学生支援機構が発足。同機構は奨学金制度を“金融事業”と位置づけ、民間資金も導入して有利子枠のみを拡大し続けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る