• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「村上海賊の娘(上・下)」和田竜著

■「のぼうの城」の著者が放つ渾身の長編

 天正4年、信長軍に包囲された大坂本願寺から毛利家に籠城用の兵糧10万石の支援の要請が舞い込む。信長に攻撃の口実を与えたくない毛利家の重臣・小早川隆景は、上杉謙信の動向を見極めてから結論を出したい。だが、衆議で当主の輝元は村上海賊の力を借り兵糧を海送するという案を了承してしまう。3家からなる村上海賊の因島と来島の2家は既に毛利家の息がかかっているが、筆頭格の能島だけは独立を保っていた。能島村上の当主・武吉を口説くために島に向かう隆景の家臣・乃美の前に、男勝りの武吉の娘・景が率いる海賊たちの船団が現れる。

 木津川合戦を材にした時代エンターテインメント。
(新潮社 各1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る