「村上海賊の娘(上・下)」和田竜著

公開日:  更新日:

■「のぼうの城」の著者が放つ渾身の長編

 天正4年、信長軍に包囲された大坂本願寺から毛利家に籠城用の兵糧10万石の支援の要請が舞い込む。信長に攻撃の口実を与えたくない毛利家の重臣・小早川隆景は、上杉謙信の動向を見極めてから結論を出したい。だが、衆議で当主の輝元は村上海賊の力を借り兵糧を海送するという案を了承してしまう。3家からなる村上海賊の因島と来島の2家は既に毛利家の息がかかっているが、筆頭格の能島だけは独立を保っていた。能島村上の当主・武吉を口説くために島に向かう隆景の家臣・乃美の前に、男勝りの武吉の娘・景が率いる海賊たちの船団が現れる。

 木津川合戦を材にした時代エンターテインメント。
(新潮社 各1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る