「男はなぜ女より短命か?」熊本悦明著

公開日:  更新日:

 男性ホルモン医学の先駆者が、50歳から80歳の体に起こる変化について解説。

 日本人の平均寿命は、男性が79歳で女性が86歳。寿命曲線を見ると50歳を過ぎた頃から男性の生存率がどんどん低下していくことが分かる。50歳以降の男性の死因のひとつに心疾患及び脳血管疾患があるが、これには血管を保護して動脈硬化を防ぐ性ホルモンの減少が大きく関わっている。女性でも50歳以降は性ホルモンが減少するが、男性ホルモンに比べて血管保護作用が非常に強力で、70代後半ぐらいまでは効果が消えず、血管系疾患が起きにくいそうだ。

 男性が女性レベルまで長生きしたいなら、男性ホルモン値を持続させるタマネギやニンニクを食べるなど、さまざまな努力が必要なのだ。
(実業之日本社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る