「やっぱり、飲みにケーションでしょ!」細田収著

公開日: 更新日:

■自分のことより相手のことをよく聞くのが“飲みにケーション”上手

 数多くのビジネス書が発行されているが細田収著「やっぱり、飲みにケーションでしょ!」(KADOKAWA 1300円)が教えるのは、酒の席でのコミュニケーション術。大きなビジネスほど、飲み会でいかに上手な対応をするかが鍵になると説く。

 本来、仕事相手と、仕事の話題以外で3時間も話すことなど至難の業。ビジネスシーンではあり得ないことだ。ところが、酒の席ではそれが可能になる。大きなビジネスほど、最後に大切になるのは人間同士の信頼関係だ。そのため、相手を知り、自分のことも知ってもらう飲み会が、ビジネスの成功には不可欠となる。

 本書では、円滑な“飲みにケーション”のための7つのルールを解説。まず大切なのが、「相手を理解する」こと。そのためには相手に質問をするのだが、答えにくい質問はもちろんタブー。フェイスブックなどで事前にリサーチし、「最近、犬を飼い始めたんですってね」など、相手が答えやすくて興味のある質問をしよう。相手が「よくご存じで!」と言うような質問をすることは、“あなたにとても興味がある”というアピールにもつながる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る

人気キーワード