「やっぱり、飲みにケーションでしょ!」細田収著

公開日:  更新日:

■自分のことより相手のことをよく聞くのが“飲みにケーション”上手

 数多くのビジネス書が発行されているが細田収著「やっぱり、飲みにケーションでしょ!」(KADOKAWA 1300円)が教えるのは、酒の席でのコミュニケーション術。大きなビジネスほど、飲み会でいかに上手な対応をするかが鍵になると説く。

 本来、仕事相手と、仕事の話題以外で3時間も話すことなど至難の業。ビジネスシーンではあり得ないことだ。ところが、酒の席ではそれが可能になる。大きなビジネスほど、最後に大切になるのは人間同士の信頼関係だ。そのため、相手を知り、自分のことも知ってもらう飲み会が、ビジネスの成功には不可欠となる。

 本書では、円滑な“飲みにケーション”のための7つのルールを解説。まず大切なのが、「相手を理解する」こと。そのためには相手に質問をするのだが、答えにくい質問はもちろんタブー。フェイスブックなどで事前にリサーチし、「最近、犬を飼い始めたんですってね」など、相手が答えやすくて興味のある質問をしよう。相手が「よくご存じで!」と言うような質問をすることは、“あなたにとても興味がある”というアピールにもつながる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る