「やっぱり、飲みにケーションでしょ!」細田収著

公開日:  更新日:

■自分のことより相手のことをよく聞くのが“飲みにケーション”上手

 数多くのビジネス書が発行されているが細田収著「やっぱり、飲みにケーションでしょ!」(KADOKAWA 1300円)が教えるのは、酒の席でのコミュニケーション術。大きなビジネスほど、飲み会でいかに上手な対応をするかが鍵になると説く。

 本来、仕事相手と、仕事の話題以外で3時間も話すことなど至難の業。ビジネスシーンではあり得ないことだ。ところが、酒の席ではそれが可能になる。大きなビジネスほど、最後に大切になるのは人間同士の信頼関係だ。そのため、相手を知り、自分のことも知ってもらう飲み会が、ビジネスの成功には不可欠となる。

 本書では、円滑な“飲みにケーション”のための7つのルールを解説。まず大切なのが、「相手を理解する」こと。そのためには相手に質問をするのだが、答えにくい質問はもちろんタブー。フェイスブックなどで事前にリサーチし、「最近、犬を飼い始めたんですってね」など、相手が答えやすくて興味のある質問をしよう。相手が「よくご存じで!」と言うような質問をすることは、“あなたにとても興味がある”というアピールにもつながる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る