「凄母」佐藤 留美氏

公開日:  更新日:

■「企業の良かれと思う“配慮”が女性を二級市民化しています」

 保育園の待機児童問題、支援制度の有名無実化など、働く母を取り巻く環境が相変わらず厳しいなか、山積する問題を知恵と工夫で乗り越え、仕事と育児を両立させている女たちがいる。

 本書では、こうした凄腕マザーたちを「凄母」と命名。40歳過ぎに転職し国際事業部でデジタル戦略業務を担当する「資生堂の母」、プランナーとして国際賞を受賞する「電通の母」、第1子出産後に事業部長に上り詰め2人目不妊の治療にもチャレンジした「リクルートの母」、ブラジルへ子連れ赴任する「日産の母」など、11人の母たちの凄いサバイバル術を紹介している。

「凄母が所属する会社の共通項は、顧客に女性が多いこと、一度どん底に落ちた経験を持っていること、ITなどの新興企業であること、の3つ。それ以外の企業では『凄母』はまだ生息できないのが実情です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る