「凄母」佐藤 留美氏

公開日: 更新日:

■「企業の良かれと思う“配慮”が女性を二級市民化しています」

 保育園の待機児童問題、支援制度の有名無実化など、働く母を取り巻く環境が相変わらず厳しいなか、山積する問題を知恵と工夫で乗り越え、仕事と育児を両立させている女たちがいる。

 本書では、こうした凄腕マザーたちを「凄母」と命名。40歳過ぎに転職し国際事業部でデジタル戦略業務を担当する「資生堂の母」、プランナーとして国際賞を受賞する「電通の母」、第1子出産後に事業部長に上り詰め2人目不妊の治療にもチャレンジした「リクルートの母」、ブラジルへ子連れ赴任する「日産の母」など、11人の母たちの凄いサバイバル術を紹介している。

「凄母が所属する会社の共通項は、顧客に女性が多いこと、一度どん底に落ちた経験を持っていること、ITなどの新興企業であること、の3つ。それ以外の企業では『凄母』はまだ生息できないのが実情です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  3. 3

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る