• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「凄母」佐藤 留美氏

■「企業の良かれと思う“配慮”が女性を二級市民化しています」

 保育園の待機児童問題、支援制度の有名無実化など、働く母を取り巻く環境が相変わらず厳しいなか、山積する問題を知恵と工夫で乗り越え、仕事と育児を両立させている女たちがいる。

 本書では、こうした凄腕マザーたちを「凄母」と命名。40歳過ぎに転職し国際事業部でデジタル戦略業務を担当する「資生堂の母」、プランナーとして国際賞を受賞する「電通の母」、第1子出産後に事業部長に上り詰め2人目不妊の治療にもチャレンジした「リクルートの母」、ブラジルへ子連れ赴任する「日産の母」など、11人の母たちの凄いサバイバル術を紹介している。

「凄母が所属する会社の共通項は、顧客に女性が多いこと、一度どん底に落ちた経験を持っていること、ITなどの新興企業であること、の3つ。それ以外の企業では『凄母』はまだ生息できないのが実情です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る