「発想力獲得食」眉村卓著

公開日: 更新日:

■食がテーマのショートショート

 編集者の山根は、人気作家の藤沢を口説き落とし、新作を書き下ろしてもらうことに成功する。山根は、出来上がった本を届けに、次作の構想を練るため藤沢が滞在するセカンドハウスに向かう。売れっ子の藤沢がリゾートとは無縁のへんぴな場所にセカンドハウスを構えているのには理由がある。どうやらその地では、発想力を得られる食物が獲得できるらしいのだ。以前にそのことを耳にした山根は、食物の正体を知りたくて、わざわざ足を運んだのだ。セカンドハウスで藤沢と向き合った山根は思い切って発想力獲得食について尋ねると、藤沢がなぜか顔をしかめた。(表題作)

 食をテーマにしたショートショート集。
(双葉社 629円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

もっと見る

人気キーワード