「定本 黒部の山賊アルプスの怪」伊藤正一著

公開日:  更新日:

■黒部の山小屋に山賊がいた

 これまでは山小屋でしか購入できなかった山岳名著の新装版。

 終戦直後、著者は北アルプスの最奥部の山小屋「三俣蓮華小屋」の権利を購入。戦争中に番人不在で荒れ果てた小屋の下見に行こうとした氏は、一帯に凶悪な「山賊」が出没するとの噂を耳にする。確かめると、小屋に山賊が本当に住み着いていた。山賊を追い出す算段をしていた氏は、彼らの仲間の遠山富士弥と知り合う。彼は黒部の主といわれた名猟師の息子だった。その後の彼らとの山小屋生活をはじめ、北アルプス登山黎明期のことや埋蔵金伝説、山の怪異譚など。北アルプスを知り尽くした氏による山エッセー。
(山と溪谷社 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る