「団地で暮らそう!」長野まゆみ著

公開日:  更新日:

■空き家情報の「浴」の表記はなに?

 昭和と平成のはざまに生まれた安彦くんは、一人暮らしをするため、森中団地に引っ越す。築50年を超える現役の住宅があると知り団地に興味を抱いたのだ。コーシャの空き家情報には、「浴」など住宅情報誌では見かけない表記がある。注意書きによると「浴槽つき」の意で、旧来型の団地には浴室はあっても浴槽はないのが普通だったと知る。団地で暮らし始めた安彦くんは、隣人の是清さんから踊り場の小扉がかつて生ごみを捨てていたダストシュートだと教わる。ごみは自治体でなく家畜の飼料として利用する業者が集めに来ていたと聞き驚く。

 団地暮らしの詳細を描きながら昭和の暮らしぶりを紹介する長編小説。
(毎日新聞社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る