「団地で暮らそう!」長野まゆみ著

公開日: 更新日:

■空き家情報の「浴」の表記はなに?

 昭和と平成のはざまに生まれた安彦くんは、一人暮らしをするため、森中団地に引っ越す。築50年を超える現役の住宅があると知り団地に興味を抱いたのだ。コーシャの空き家情報には、「浴」など住宅情報誌では見かけない表記がある。注意書きによると「浴槽つき」の意で、旧来型の団地には浴室はあっても浴槽はないのが普通だったと知る。団地で暮らし始めた安彦くんは、隣人の是清さんから踊り場の小扉がかつて生ごみを捨てていたダストシュートだと教わる。ごみは自治体でなく家畜の飼料として利用する業者が集めに来ていたと聞き驚く。

 団地暮らしの詳細を描きながら昭和の暮らしぶりを紹介する長編小説。
(毎日新聞社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る

人気キーワード