「団地で暮らそう!」長野まゆみ著

公開日: 更新日:

■空き家情報の「浴」の表記はなに?

 昭和と平成のはざまに生まれた安彦くんは、一人暮らしをするため、森中団地に引っ越す。築50年を超える現役の住宅があると知り団地に興味を抱いたのだ。コーシャの空き家情報には、「浴」など住宅情報誌では見かけない表記がある。注意書きによると「浴槽つき」の意で、旧来型の団地には浴室はあっても浴槽はないのが普通だったと知る。団地で暮らし始めた安彦くんは、隣人の是清さんから踊り場の小扉がかつて生ごみを捨てていたダストシュートだと教わる。ごみは自治体でなく家畜の飼料として利用する業者が集めに来ていたと聞き驚く。

 団地暮らしの詳細を描きながら昭和の暮らしぶりを紹介する長編小説。
(毎日新聞社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

  10. 10

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る