「代理処罰」嶋中潤著

公開日: 更新日:

■「誘拐された娘を救うべく奔走する父親の戦いを描いたミステリーです」

 14年間毎年応募し続け、8回も最終候補に残りながら受賞を逃してきた“ベテラン新人”が、ついに作家デビューを果たした。予選委員から“待望の”と拍手を送られた本作は、家族愛を軸としたミステリーだ。
「娘を誘拐された父親が、彼女を救うべく奔走する物語です。そこには、巨大企業の陰謀や世界的組織の暗躍などの大仕掛けは存在しない。これまで書いては落選してきた作品と比べても設定が地味で、実は今回も駄目だろうなと思っていたんです(笑い)」

 主人公の岡田亨は、ごく普通のサラリーマン。16歳の娘と、7歳の息子がいる。しかし2人の世話は実家の母親に任せ、岡田はひとりで暮らしている。妻のエレナはブラジル人で、サンパウロ赴任中に出会って結ばれた。しかし今、エレナは日本にいない。それどころか、ある日突然子供たちを置いてブラジルに帰国し、行方不明になっている。そんなさなか、夜になっても娘の悠子が帰宅しないという連絡が入り……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る