日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「代理処罰」嶋中潤著

■「誘拐された娘を救うべく奔走する父親の戦いを描いたミステリーです」

 14年間毎年応募し続け、8回も最終候補に残りながら受賞を逃してきた“ベテラン新人”が、ついに作家デビューを果たした。予選委員から“待望の”と拍手を送られた本作は、家族愛を軸としたミステリーだ。
「娘を誘拐された父親が、彼女を救うべく奔走する物語です。そこには、巨大企業の陰謀や世界的組織の暗躍などの大仕掛けは存在しない。これまで書いては落選してきた作品と比べても設定が地味で、実は今回も駄目だろうなと思っていたんです(笑い)」

 主人公の岡田亨は、ごく普通のサラリーマン。16歳の娘と、7歳の息子がいる。しかし2人の世話は実家の母親に任せ、岡田はひとりで暮らしている。妻のエレナはブラジル人で、サンパウロ赴任中に出会って結ばれた。しかし今、エレナは日本にいない。それどころか、ある日突然子供たちを置いてブラジルに帰国し、行方不明になっている。そんなさなか、夜になっても娘の悠子が帰宅しないという連絡が入り……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事