「代理処罰」嶋中潤著

公開日: 更新日:

■「誘拐された娘を救うべく奔走する父親の戦いを描いたミステリーです」

 14年間毎年応募し続け、8回も最終候補に残りながら受賞を逃してきた“ベテラン新人”が、ついに作家デビューを果たした。予選委員から“待望の”と拍手を送られた本作は、家族愛を軸としたミステリーだ。
「娘を誘拐された父親が、彼女を救うべく奔走する物語です。そこには、巨大企業の陰謀や世界的組織の暗躍などの大仕掛けは存在しない。これまで書いては落選してきた作品と比べても設定が地味で、実は今回も駄目だろうなと思っていたんです(笑い)」

 主人公の岡田亨は、ごく普通のサラリーマン。16歳の娘と、7歳の息子がいる。しかし2人の世話は実家の母親に任せ、岡田はひとりで暮らしている。妻のエレナはブラジル人で、サンパウロ赴任中に出会って結ばれた。しかし今、エレナは日本にいない。それどころか、ある日突然子供たちを置いてブラジルに帰国し、行方不明になっている。そんなさなか、夜になっても娘の悠子が帰宅しないという連絡が入り……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る

人気キーワード