• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「消えたい」高橋和己著

■「患者の〈親子関係〉が見えない。それが虐待に気づいたきっかけでした」

 著者が、患者が虐待されて育ったことに気づいたきっかけは〈親子関係〉だった。
「うつ病などの場合は親子関係が重要なことが多いんですが、7~8年前、親子関係が〈見えない〉患者さんが増えているのに気づきました。親子関係が見えないのは、本人の意識の中に親がいないから。親に虐待されていたのに、〈いいお母さんでした〉と言う。どういうことをしてもらったか聞くと、考えた末に〈ちゃんとご飯を出してくれた〉。母親のやさしいところを見つけようとしても、それしかないんですね」

 殴るとか蹴るというレベルではない。言うことを聞かないからと小学4年生の息子の足の爪をペンチではがすなど、常軌を逸している。食事をさせてもらえず、学校の給食が唯一の食事だったという患者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る