• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「消えたい」高橋和己著

■「患者の〈親子関係〉が見えない。それが虐待に気づいたきっかけでした」

 著者が、患者が虐待されて育ったことに気づいたきっかけは〈親子関係〉だった。
「うつ病などの場合は親子関係が重要なことが多いんですが、7~8年前、親子関係が〈見えない〉患者さんが増えているのに気づきました。親子関係が見えないのは、本人の意識の中に親がいないから。親に虐待されていたのに、〈いいお母さんでした〉と言う。どういうことをしてもらったか聞くと、考えた末に〈ちゃんとご飯を出してくれた〉。母親のやさしいところを見つけようとしても、それしかないんですね」

 殴るとか蹴るというレベルではない。言うことを聞かないからと小学4年生の息子の足の爪をペンチではがすなど、常軌を逸している。食事をさせてもらえず、学校の給食が唯一の食事だったという患者もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る