「新・世界怪魚釣行記」武石憲貴著

公開日: 更新日:

■怪魚とのファイトを求め世界を行脚

「釣りざお片手に、世界の水辺のヌシに会いに行く!」との思いを抱き続けて15年、5大陸37カ国を釣り旅してきた著者によるフォト紀行。2冊目となる本書には、09年から13年までの4年間の旅を記録する。

 09年夏、南米に降り立った氏は、6年前の訪問時にはかなえられなかった怪魚「ドラード」を釣るため、パラグアイのパラナ川を目指す。スペイン語で黄金を意味する「ドラード」は金色の美しい体を持つ最大1メートルを超える魚だ。

 ろくに言葉も分からず、バスで乗り合わせたおばちゃんが心配して宿に連れていってくれ、宿の主人に何とかガイド役の漁師に船を出してもらう算段をつける。

 幅2キロのパラナ川に酔っぱらい漁師が操る頼りない小舟で繰り出した氏の前に現れたドラードは、俊敏で不規則な遊泳と華麗な跳躍を駆使して、巧みに針を外して釣り人を翻弄。しかし、最終日には見事、メートル超えのドラードを釣り上げる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る

人気キーワード