「農協解体」山下一仁著

公開日:  更新日:

■農協は日本の農業を衰退させる元凶だ

 JA農協グループが“禁書”に指定した「農協の大罪」(宝島社新書)から始まるシリーズの最新作。山下一仁著「農協解体」(宝島社 1200円)では、農協の成り立ちや、農業を衰退させる組織となった農協の現状、そして国民がこうむる負担などを解説していく。

 終戦直後、農家の経済的・社会的地位の向上を目的として設立された農業協同組合(農協)。小作人の解放を推進し、小さくて貧しい農家が助け合いながら農業を続けるための団体だった。しかし、経済復興と高度成長を経て、その目的は達成された。1965年以降、農家の所得は勤労者世帯の収入を上回って推移するようになり、半世紀も前に農協存続の意義はなくなった。

 しかし、現在の農協は子会社として営利の株式会社を多数設立し、資材の共同購入や農作物の販売など、本来農協が行うはずの事業を展開しながら利益を上げている。さらに、肥料で8割のシェアを持つなど独占事業を展開。組合員である農家に高い資材を購入させるなど、農家を搾取して健全な生産性を阻んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る