日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ジパングの海」横瀬久芳著

日本は再び「黄金の国」になれる!

 マルコ・ポーロにより“黄金の国ジパング”として紹介された日本。21世紀の現代では、日本の排他的経済水域の海底に眠っている金銀鉱床が注目されている。

 横瀬久芳著「ジパングの海」(講談社 880円)では、日本における海洋火山学の第一人者が、海の底に眠る黄金郷について学術的かつユニークな比喩も交えながら解説。日本が再び黄金の国として復活できるかを探っていく。

 たとえば、「日本の海底には200兆円相当の金属鉱物資源がある」といわれているが、これは、夢でも妄想でもなく、海洋火山学的研究によってその可能性は限りなく高くなっているという。

「大西洋を隔てたアフリカ大陸と南米大陸がもとは一続きだった」という話でお馴染みのプレートテクトニクス理論。これにより、地球表層部は数枚の固い岩板で覆われていて、地球深部の高温マントルが対流することで駆動が起きて地震や火山の噴火につながるというメカニズムが明らかになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事