「ジパングの海」横瀬久芳著

公開日:  更新日:

日本は再び「黄金の国」になれる!

 マルコ・ポーロにより“黄金の国ジパング”として紹介された日本。21世紀の現代では、日本の排他的経済水域の海底に眠っている金銀鉱床が注目されている。

 横瀬久芳著「ジパングの海」(講談社 880円)では、日本における海洋火山学の第一人者が、海の底に眠る黄金郷について学術的かつユニークな比喩も交えながら解説。日本が再び黄金の国として復活できるかを探っていく。

 たとえば、「日本の海底には200兆円相当の金属鉱物資源がある」といわれているが、これは、夢でも妄想でもなく、海洋火山学的研究によってその可能性は限りなく高くなっているという。

「大西洋を隔てたアフリカ大陸と南米大陸がもとは一続きだった」という話でお馴染みのプレートテクトニクス理論。これにより、地球表層部は数枚の固い岩板で覆われていて、地球深部の高温マントルが対流することで駆動が起きて地震や火山の噴火につながるというメカニズムが明らかになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る