「虚ろな十字架」東野圭吾著

公開日: 更新日:

■11年前に一人娘を殺され今度は母親自身が被害者

 中学2年の少女と、1つ年上の少年の幼い恋のエピソードから、物語は始まる。

 それから20年の歳月が流れ、事件が起きた。女性フリーライターが、自宅マンション近くの路上で、刺し殺されたのだ。ほどなくひとりの老人が自首、金目当ての強盗殺人を自白した。

 殺された女性は、11年前、小学2年生の一人娘を失っていた。ほんの少し留守をしたあいだに、娘は自宅に押し入った強盗に惨殺されたのだ。被害者の遺族として苦しみ続けた彼女が、今度は自分が被害者になってしまった。

 彼女は娘の事件のあと、離婚。別の道を歩んでいた元夫は、いや応なしに事件とかかわることになった。そして、別れたあとの妻の人生をたどり始める。

 元妻はライターとして自立。万引依存症に悩む女性たちを取材したり、死刑廃止論に激しく異を唱えるなど、積極的に活動していた。彼女はなぜ殺されなければならなかったのか。事件は意外な展開を見せ、プロローグの幼い恋との深いつながりが浮かび上がってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  4. 4

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  5. 5

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る