• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「虚ろな十字架」東野圭吾著

■11年前に一人娘を殺され今度は母親自身が被害者

 中学2年の少女と、1つ年上の少年の幼い恋のエピソードから、物語は始まる。

 それから20年の歳月が流れ、事件が起きた。女性フリーライターが、自宅マンション近くの路上で、刺し殺されたのだ。ほどなくひとりの老人が自首、金目当ての強盗殺人を自白した。

 殺された女性は、11年前、小学2年生の一人娘を失っていた。ほんの少し留守をしたあいだに、娘は自宅に押し入った強盗に惨殺されたのだ。被害者の遺族として苦しみ続けた彼女が、今度は自分が被害者になってしまった。

 彼女は娘の事件のあと、離婚。別の道を歩んでいた元夫は、いや応なしに事件とかかわることになった。そして、別れたあとの妻の人生をたどり始める。

 元妻はライターとして自立。万引依存症に悩む女性たちを取材したり、死刑廃止論に激しく異を唱えるなど、積極的に活動していた。彼女はなぜ殺されなければならなかったのか。事件は意外な展開を見せ、プロローグの幼い恋との深いつながりが浮かび上がってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

もっと見る