「がんで死なない治療の選択」阿部博幸著

公開日: 更新日:

 がん治療における「樹状細胞ワクチン」研究の第一人者が、がん発生の仕組みなどの基礎から、最新のがん治療までを詳述する本書。

 細胞には本来アポトーシス(自然死)という仕組みがあるが、がん細胞にはそれがなく、いつまでも生きて増え続ける。このがん細胞をピンポイントで攻撃してアポトーシスに導くのが、樹状細胞だという。もともと体内にある免疫細胞のひとつだが、白血球の0・1%と非常に少ない。

 著者は、患者から採血した25ミリリットルの血液から単球という白血球の一種を取り出し、培養して未熟な樹状細胞を作りだし、がんの目印を取り込ませることでワクチンを製造。肺がんで22例中15例など、樹状細胞ワクチンの成果についても解説していく。

(徳間書店 1500円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る