「がんで死なない治療の選択」阿部博幸著

公開日:  更新日:

 がん治療における「樹状細胞ワクチン」研究の第一人者が、がん発生の仕組みなどの基礎から、最新のがん治療までを詳述する本書。

 細胞には本来アポトーシス(自然死)という仕組みがあるが、がん細胞にはそれがなく、いつまでも生きて増え続ける。このがん細胞をピンポイントで攻撃してアポトーシスに導くのが、樹状細胞だという。もともと体内にある免疫細胞のひとつだが、白血球の0・1%と非常に少ない。

 著者は、患者から採血した25ミリリットルの血液から単球という白血球の一種を取り出し、培養して未熟な樹状細胞を作りだし、がんの目印を取り込ませることでワクチンを製造。肺がんで22例中15例など、樹状細胞ワクチンの成果についても解説していく。

(徳間書店 1500円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る