「ハーバード式病気にならない生活術」浦島充佳著

公開日:  更新日:

“栄養の偏りを正すことにより病気の発生を予防すること”を目的にした一冊。

 食事と運動による病気予防・改善はハーバード大学が取り組んでいる、医学研究の最新の方向性だという。本書は毎日の食事や運動が薬以上の効果をもたらすことを教えてくれる。

 面白いのは低脂肪食、糖質制限食、地中海食の3つを比較してどのくらい痩せたかを調べたイスラエルの研究。半年・2年後では糖質制限食が断トツの減量だったが、6年後では逆に地中海食に軍配が上がった。

 つまり、糖質制限食はリバウンドがあるため、ダイエットは最初は糖質制限で減量し、あとは地中海食か和食で維持がベストか。著者はハーバード公衆衛生大学院で学んだ、小児がんの専門医だ。

(マキノ出版 1350円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る