「手をもむだけで病気が治る! 脳が若返る!」大村恵昭、久保田競他著

公開日:  更新日:

 手は体の縮図のようなもの。全身の部位や臓器と正確に対応する「代表領域」が点在しており、もみほぐすことで血行が促進されて機能が高まり、不調の解消に役立つそうだ。

 本書では、著者のひとりである医師が15年をかけて効果を検証した、手の詳細な臓器代表領域分布図「手もみ治療地図」を掲載。老眼やドライアイには目の代表領域である中指の腹側の先端を、そして高血圧には血圧調整の中枢を担う延髄の代表領域である中指の爪の生え際をもむ、といった具合に細かく解説していく。

 また、もみ方についても丁寧に伝授。ぐいぐいと力を入れてもむ必要はなく、親指と人さし指で皮膚を軽くつまむようにして、つまむ・離すを1セット1秒で行うのが目安だという。

(マキノ出版 750円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る