「手をもむだけで病気が治る! 脳が若返る!」大村恵昭、久保田競他著

公開日:  更新日:

 手は体の縮図のようなもの。全身の部位や臓器と正確に対応する「代表領域」が点在しており、もみほぐすことで血行が促進されて機能が高まり、不調の解消に役立つそうだ。

 本書では、著者のひとりである医師が15年をかけて効果を検証した、手の詳細な臓器代表領域分布図「手もみ治療地図」を掲載。老眼やドライアイには目の代表領域である中指の腹側の先端を、そして高血圧には血圧調整の中枢を担う延髄の代表領域である中指の爪の生え際をもむ、といった具合に細かく解説していく。

 また、もみ方についても丁寧に伝授。ぐいぐいと力を入れてもむ必要はなく、親指と人さし指で皮膚を軽くつまむようにして、つまむ・離すを1セット1秒で行うのが目安だという。

(マキノ出版 750円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る