「手をもむだけで病気が治る! 脳が若返る!」大村恵昭、久保田競他著

公開日: 更新日:

 手は体の縮図のようなもの。全身の部位や臓器と正確に対応する「代表領域」が点在しており、もみほぐすことで血行が促進されて機能が高まり、不調の解消に役立つそうだ。

 本書では、著者のひとりである医師が15年をかけて効果を検証した、手の詳細な臓器代表領域分布図「手もみ治療地図」を掲載。老眼やドライアイには目の代表領域である中指の腹側の先端を、そして高血圧には血圧調整の中枢を担う延髄の代表領域である中指の爪の生え際をもむ、といった具合に細かく解説していく。

 また、もみ方についても丁寧に伝授。ぐいぐいと力を入れてもむ必要はなく、親指と人さし指で皮膚を軽くつまむようにして、つまむ・離すを1セット1秒で行うのが目安だという。

(マキノ出版 750円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る