「『血管を鍛える』と超健康になる!」池谷敏郎著

公開日: 更新日:

 私たちの血管は加齢とともに動脈硬化が進み、しなやかさを失って血液が流れる内腔が狭くなってくる。皮膚や髪と同様に血管の老化は仕方がないものの、その進行を抑えて若さを維持する方法もある。

 その鍵を握るのが「NO(一酸化窒素)」。血管内皮細胞から分泌され、血流を良くしたり血管壁の弾力を維持する働きがある。加齢や生活習慣病によってNOの分泌量は減少するが、生活習慣の工夫で分泌量を増やすことも可能だ。

 例えば、ウオーキング。時間は気にせず、「いつもより5センチ歩幅を大きく」と「少し速め」を心がけると良い。また、食事にショウガを取り入れるのもお勧め。辛味成分であるジンゲロールが、NOの分泌を促してくれるそうだ。

(三笠書房 590円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る