「『血管を鍛える』と超健康になる!」池谷敏郎著

公開日:  更新日:

 私たちの血管は加齢とともに動脈硬化が進み、しなやかさを失って血液が流れる内腔が狭くなってくる。皮膚や髪と同様に血管の老化は仕方がないものの、その進行を抑えて若さを維持する方法もある。

 その鍵を握るのが「NO(一酸化窒素)」。血管内皮細胞から分泌され、血流を良くしたり血管壁の弾力を維持する働きがある。加齢や生活習慣病によってNOの分泌量は減少するが、生活習慣の工夫で分泌量を増やすことも可能だ。

 例えば、ウオーキング。時間は気にせず、「いつもより5センチ歩幅を大きく」と「少し速め」を心がけると良い。また、食事にショウガを取り入れるのもお勧め。辛味成分であるジンゲロールが、NOの分泌を促してくれるそうだ。

(三笠書房 590円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る