「『血管を鍛える』と超健康になる!」池谷敏郎著

公開日:  更新日:

 私たちの血管は加齢とともに動脈硬化が進み、しなやかさを失って血液が流れる内腔が狭くなってくる。皮膚や髪と同様に血管の老化は仕方がないものの、その進行を抑えて若さを維持する方法もある。

 その鍵を握るのが「NO(一酸化窒素)」。血管内皮細胞から分泌され、血流を良くしたり血管壁の弾力を維持する働きがある。加齢や生活習慣病によってNOの分泌量は減少するが、生活習慣の工夫で分泌量を増やすことも可能だ。

 例えば、ウオーキング。時間は気にせず、「いつもより5センチ歩幅を大きく」と「少し速め」を心がけると良い。また、食事にショウガを取り入れるのもお勧め。辛味成分であるジンゲロールが、NOの分泌を促してくれるそうだ。

(三笠書房 590円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る