「老いの入舞い」松井今朝子著

公開日:  更新日:

 物語の舞台は江戸麹町。主人公の北町奉行所の新米同心・間宮仁八郎は、麹町の「常楽庵」に立ち寄るように命ぜられ、かつて大奥で「滝山様」と呼ばれ今は尼僧となった年齢不詳の庵主・志乃を訪ねた。

 大奥仕込みの鼻持ちならない女に玄関先であしらわれると思いきや、仁八郎はなぜか志乃に気に入られる。あまりの居心地の悪さに今後関わりにならないようにしようと決意するのだが、事件のたびに空回りしてしまう仁八郎を、毎回志乃の知恵が救うのだった……。

 本書は、仁八郎が遭遇した奇妙な事件とその解決に関わる志乃の活躍を描いた江戸麹町事件帖。

 収録されているのは、祝言間近の娘が行方不明になる「巳待ちの春」、放火で父を殺されたと訴える娘の物語「怪火の始末」、はらみ女の死体が波紋を呼ぶ「母親気質」、奉公先から戻らない娘が水死体で発見された謎を解く「老いの入舞い」の4編。未熟ながら正義感に燃える仁八郎を見守る志乃の視線が温かい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る