日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「放射能汚染とリスクコミュニケーション」天笠啓祐氏

「今、福島の保健師さんたちが帰還政策の最前線で苦悩しています」

 リスクコミュニケーション、略して「リスコミ」が、福島に住民を帰還させようという政策とセットで進められている。

「原発事故による放射能汚染は健康に影響しません、危険はありませんよと住民に説得するのがリスコミです。事故のあと、福島県の保健師さんたちは、どうやったら放射能の影響が少なくてすむか、住民と一緒に考えながら一生懸命に取り組んできました。ところが今度は、放射能なんか気にしなくていいと説得しなさい、小さな集まりで車座になって住民に話をするようにと、県や市町村から命令され、帰還政策の最前線に立たされています」

 本書は、そんな現場で苦悩している保健師や住民の役に立つパンフレットであり、放射能汚染の入門書である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事