「放射能汚染とリスクコミュニケーション」天笠啓祐氏

公開日:  更新日:

「今、福島の保健師さんたちが帰還政策の最前線で苦悩しています」

 リスクコミュニケーション、略して「リスコミ」が、福島に住民を帰還させようという政策とセットで進められている。

「原発事故による放射能汚染は健康に影響しません、危険はありませんよと住民に説得するのがリスコミです。事故のあと、福島県の保健師さんたちは、どうやったら放射能の影響が少なくてすむか、住民と一緒に考えながら一生懸命に取り組んできました。ところが今度は、放射能なんか気にしなくていいと説得しなさい、小さな集まりで車座になって住民に話をするようにと、県や市町村から命令され、帰還政策の最前線に立たされています」

 本書は、そんな現場で苦悩している保健師や住民の役に立つパンフレットであり、放射能汚染の入門書である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る