「放射能汚染とリスクコミュニケーション」天笠啓祐氏

公開日: 更新日:

「今、福島の保健師さんたちが帰還政策の最前線で苦悩しています」

 リスクコミュニケーション、略して「リスコミ」が、福島に住民を帰還させようという政策とセットで進められている。

原発事故による放射能汚染は健康に影響しません、危険はありませんよと住民に説得するのがリスコミです。事故のあと、福島県の保健師さんたちは、どうやったら放射能の影響が少なくてすむか、住民と一緒に考えながら一生懸命に取り組んできました。ところが今度は、放射能なんか気にしなくていいと説得しなさい、小さな集まりで車座になって住民に話をするようにと、県や市町村から命令され、帰還政策の最前線に立たされています」

 本書は、そんな現場で苦悩している保健師や住民の役に立つパンフレットであり、放射能汚染の入門書である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る

人気キーワード