• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「里山ライフのごちそう帖」長野修平著

 東京・八王子の陣馬山麓や神奈川・相模原の道志川のほとりで長年、里山暮らしをしてきた著者による野外料理のレシピ集。

「旬の食材を、季節にあった調理法で味わいつくす」をテーマに、青空の下で楽しみたいごちそうの数々が並ぶ。

 都心のマンションから移り住み、人生初の田舎暮らしを始めたばかりのある日、玄関先に山ほどのフキノトウが入った袋が置かれていた。向かいに住むおじいちゃんが畑の脇にいっぱい出ていたからと、差し入れしてくれたのだ。これを機に、長野家の春の食卓は家の周りでとれる野の味が主役になったという。

「きゃらぶき」「山椒の実の醤油炊き」など春の定番保存食はもちろん、「フキノトウとパルミジャーノのペペロンチーノ」や「ノビル生春巻きの3色ソース」など、ジャンルを超えて、さまざまな料理を紹介する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る