「アラスカへ行きたい」石塚元太、井出幸亮著

公開日: 更新日:

 かと思えば、10種類以上の民族に分かれるというアラスカの先住民たちの持つ多様な文化と、そのひとつとしてよく知られるトーテムポールを建てる際に行われる儀式「ポトラッチ」の意味を解説するなど文化論を展開。さらに当地では今、醸造ビールが流行していると、ブリュワリー巡りまで。

 土地の歴史から最新のスポットなどを織り交ぜ、「中南部とアラスカ湾岸地域」「極北アラスカ」にもスポットライトを当てながら、かつて写真家の星野道夫氏が暮らし、近年では温暖化の影響で「消え行く村」として世界の耳目を集めるサリチェフ島の集落シシュマレフ村探訪、北極圏まで伸びるダルトン・ハイウエーを経て森林限界を越えた見渡す限りの荒野まで足を踏み入れたりと、著者自身の体験リポートも多数収録。

 最後のページを閉じるとき、読者もまた「アラスカへ行きたい」とつぶやいているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  3. 3

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  4. 4

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  5. 5

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

もっと見る