• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「病気になるサプリ」左巻健男著

 50代以上の3人に1人が何らかのサプリメントをとっているという昨今。薬ではないので気軽に飲んでも安全というイメージがあるが、実は死亡も含め数々の健康被害が起きていることはあまり知られていない。

 本書では、日本メーカー製造のアミノ酸サプリによるアメリカでの38人死亡事件や、アメリカのダイエットサプリ「エフェドラ」で100人以上が死亡した事件などを徹底解説。体験談やマウスによる実験結果を売りにするサプリは非常に怪しく、一方で有効成分を含まない偽薬を使った比較などを行っているサプリは信用できるとしている。

 グルコサミンは膝まで届かない、β─カロテン服用で肺がんリスクアップなど、驚きの新事実も明らかにしていく。

(幻冬舎 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る