「病気になるサプリ」左巻健男著

公開日: 更新日:

 50代以上の3人に1人が何らかのサプリメントをとっているという昨今。薬ではないので気軽に飲んでも安全というイメージがあるが、実は死亡も含め数々の健康被害が起きていることはあまり知られていない。

 本書では、日本メーカー製造のアミノ酸サプリによるアメリカでの38人死亡事件や、アメリカのダイエットサプリ「エフェドラ」で100人以上が死亡した事件などを徹底解説。体験談やマウスによる実験結果を売りにするサプリは非常に怪しく、一方で有効成分を含まない偽薬を使った比較などを行っているサプリは信用できるとしている。

 グルコサミンは膝まで届かない、β─カロテン服用で肺がんリスクアップなど、驚きの新事実も明らかにしていく。

(幻冬舎 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る