• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腹筋を割る技術」吉田輝幸著

 腹筋は自己管理能力や向上心、生命力の表れであり「男のもうひとつの顔」である。そう主張する著者が腹筋を割るメリットから、それを実現するために最も効率が良いという体幹の鍛え方などを伝授してくれる。

 腹筋を鍛えるというと上体起こしのイメージが強い。

 しかし、それでは腹筋を割るのは無理で、体の前面、側面、背中、さらには深部からのアプローチが必要で、それぞれに適したトレーニングが必要だという。

 食べ物にも注意が必要で、糖質は控え、1日6食にすることでタンパク質を多く取るのがいいそうだ。

 休日は家でテレビを見ながらごろ寝、というお父さんには耳が痛いが、いまの自分を変えたい、という人には刺激になる一冊だろう。

(幻冬舎 780円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る