• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「検証・法治国家崩壊」吉田敏浩氏

 本書の共著者のひとり新原昭治氏が、2008年、アメリカ国立公文書館で秘密文書を発見した。それは、1959年3月30日、砂川事件の東京地裁で「米軍駐留は憲法違反」とした判決に対する、アメリカからの圧力があったことを示す重大な証拠だった。

「伊達秋雄裁判長の名前をとったこの伊達判決は、日米両政府に大きな衝撃を与えました。米軍基地への反対運動を勢いづけ、新安保条約の国会提出の障害になるということで、判決を覆すためにアメリカが日本に介入してくる様子が30年後になって公開されたアメリカ公文書から明らかになりました」

 GHQ最高司令官マッカーサーの甥であるマッカーサー2世駐日アメリカ大使は、判決の翌日に藤山愛一郎外務大臣に会い、「日本政府が迅速な行動をとり、地裁判決を正す重要性を強調した」と極秘公電をアメリカ本国に打っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る