日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「検証・法治国家崩壊」吉田敏浩氏

 本書の共著者のひとり新原昭治氏が、2008年、アメリカ国立公文書館で秘密文書を発見した。それは、1959年3月30日、砂川事件の東京地裁で「米軍駐留は憲法違反」とした判決に対する、アメリカからの圧力があったことを示す重大な証拠だった。

「伊達秋雄裁判長の名前をとったこの伊達判決は、日米両政府に大きな衝撃を与えました。米軍基地への反対運動を勢いづけ、新安保条約の国会提出の障害になるということで、判決を覆すためにアメリカが日本に介入してくる様子が30年後になって公開されたアメリカ公文書から明らかになりました」

 GHQ最高司令官マッカーサーの甥であるマッカーサー2世駐日アメリカ大使は、判決の翌日に藤山愛一郎外務大臣に会い、「日本政府が迅速な行動をとり、地裁判決を正す重要性を強調した」と極秘公電をアメリカ本国に打っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事