「検証・法治国家崩壊」吉田敏浩氏

公開日:  更新日:

 本書の共著者のひとり新原昭治氏が、2008年、アメリカ国立公文書館で秘密文書を発見した。それは、1959年3月30日、砂川事件の東京地裁で「米軍駐留は憲法違反」とした判決に対する、アメリカからの圧力があったことを示す重大な証拠だった。

「伊達秋雄裁判長の名前をとったこの伊達判決は、日米両政府に大きな衝撃を与えました。米軍基地への反対運動を勢いづけ、新安保条約の国会提出の障害になるということで、判決を覆すためにアメリカが日本に介入してくる様子が30年後になって公開されたアメリカ公文書から明らかになりました」

 GHQ最高司令官マッカーサーの甥であるマッカーサー2世駐日アメリカ大使は、判決の翌日に藤山愛一郎外務大臣に会い、「日本政府が迅速な行動をとり、地裁判決を正す重要性を強調した」と極秘公電をアメリカ本国に打っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る