「おかげさまで生きる」矢作直樹著

公開日: 更新日:

 東京大学医学部付属病院救急部・集中治療部部長として、多くの人の生死を目撃してきた著者。

 前著ベストセラー「人は死なない」で、死は終わりではなく魂は継続すると説き、本書では、救急医療の最前線で命と向き合う中で見いだした「生かされていることに感謝する大切さ」を説いている。

 人が心肺停止状態になると、後遺症もなく助かる時間の限界が通常10分間。しかし救急の現場では、それ以前に亡くなる人もいれば10分を過ぎても蘇生する人がいて、人知を超える出来事もたびたび起こる。加えて、著者は小学生時の交通事故と若い頃の登山中の2度の滑落で計3回命を落としかけたことがあり、そのときも自分を生かす「大いなる存在」を体感したという。

 この世で生きる者は競技場で動くプレーヤーで、他界した者は観客席で声援を送る応援団という、生者と死者の関係性を表す著者ならではの表現も興味深い。いたずらに死を恐れるのではなく、生あるうちは人生で得るさまざまな経験から学び、「おかげさま」という感謝の姿勢で生を全うすることこそが大切なのではないかと説いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る

人気キーワード