「10年後も見た目が変わらない食べ方のルール」笠井奈津子著

公開日:  更新日:

 化粧品で肌の手入れをしたり、服装に気を使ったりするだけでは若々しさを保てない。人間の体は毎日、口にする食べ物からできているため、これをおろそかにして外側だけ飾り立てても、本当の若々しさは手に入らないと本書。

 例えば、中年太りを回避したいからといって無理な食事制限を行っていると、タンパク質が不足する。

 すると、見た目を維持する2つの栄養素も不足しがちになる。ひとつは亜鉛だ。味覚障害や生殖機能の低下に関係することは知られているが、実は肌荒れや抜け毛の大きな原因にもなる。もうひとつが鉄分で、貧血のみならず、集中力ややる気の低下を招き、目の下のクマによって疲れた顔つきに見えるようになるのだ。

 若さの“下地”づくりは食が基本と心得たい。

(PHP研究所 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る