「10年後も見た目が変わらない食べ方のルール」笠井奈津子著

公開日:  更新日:

 化粧品で肌の手入れをしたり、服装に気を使ったりするだけでは若々しさを保てない。人間の体は毎日、口にする食べ物からできているため、これをおろそかにして外側だけ飾り立てても、本当の若々しさは手に入らないと本書。

 例えば、中年太りを回避したいからといって無理な食事制限を行っていると、タンパク質が不足する。

 すると、見た目を維持する2つの栄養素も不足しがちになる。ひとつは亜鉛だ。味覚障害や生殖機能の低下に関係することは知られているが、実は肌荒れや抜け毛の大きな原因にもなる。もうひとつが鉄分で、貧血のみならず、集中力ややる気の低下を招き、目の下のクマによって疲れた顔つきに見えるようになるのだ。

 若さの“下地”づくりは食が基本と心得たい。

(PHP研究所 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る