• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「10年後も見た目が変わらない食べ方のルール」笠井奈津子著

 化粧品で肌の手入れをしたり、服装に気を使ったりするだけでは若々しさを保てない。人間の体は毎日、口にする食べ物からできているため、これをおろそかにして外側だけ飾り立てても、本当の若々しさは手に入らないと本書。

 例えば、中年太りを回避したいからといって無理な食事制限を行っていると、タンパク質が不足する。

 すると、見た目を維持する2つの栄養素も不足しがちになる。ひとつは亜鉛だ。味覚障害や生殖機能の低下に関係することは知られているが、実は肌荒れや抜け毛の大きな原因にもなる。もうひとつが鉄分で、貧血のみならず、集中力ややる気の低下を招き、目の下のクマによって疲れた顔つきに見えるようになるのだ。

 若さの“下地”づくりは食が基本と心得たい。

(PHP研究所 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る