「高血圧の9割は「脚」で下がる!」石原結實著

公開日: 更新日:

 高血圧の原因といえば、塩分の取り過ぎや動脈硬化、ストレスなどが挙げられ、すべてが複雑に絡み合って起こるともいわれている。実は、これらすべてを一気に解決してくれる方法がある。それは、下半身=脚を鍛えることだ。

 ウオーキングをはじめ、スクワットやもも上げなど下半身の筋肉を動かす運動をすると、体内ではプロスタグランジンやタウリンといった、血圧を下げる降圧物質の分泌が増加する。さらに、運動によって下肢を巡る血液の量が、安静時の10倍以上に増加して血圧を下げる。血流の促進は一時的なものだが、これによって血管の内皮細胞からは、一酸化窒素など血管を柔らかくする物質の分泌が多くなる。

 血圧を下げることは、決して難しくないのだ。(青春出版社 890円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

もっと見る

人気キーワード