「丁先生、漢方って、おもしろいです。」丁宗鐡/南伸坊著

公開日:  更新日:

 丁先生は南伸坊さんのホンモノの主治医。大病院で肺がんの疑いをかけられたことで、診察を受けるようになったという。

 この本は、南さんの質問に丁宗鐡先生が縦横無尽に答える掛け合い形式。「漢方が西洋医学に負けたワケ」から「漢方で治す風邪」「聖武天皇の漢方薬」「下痢にも便秘にも効く薬」など、興味深い話がわかりやすく書かれている。

 漢方はがん、アルツハイマー病、動脈硬化、アレルギーなど、西洋医学が苦戦している病気にさえ有効性が認められ、進化しているという。

 入門書のようなタイトルだが、堅苦しいものでなく、楽しみながら漢方のことがわかる。お酒の席でのネタにもなるので、健康な人にもお薦めだ。

(朝日新聞出版社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る