「丁先生、漢方って、おもしろいです。」丁宗鐡/南伸坊著

公開日: 更新日:

 丁先生は南伸坊さんのホンモノの主治医。大病院で肺がんの疑いをかけられたことで、診察を受けるようになったという。

 この本は、南さんの質問に丁宗鐡先生が縦横無尽に答える掛け合い形式。「漢方が西洋医学に負けたワケ」から「漢方で治す風邪」「聖武天皇の漢方薬」「下痢にも便秘にも効く薬」など、興味深い話がわかりやすく書かれている。

 漢方はがん、アルツハイマー病、動脈硬化、アレルギーなど、西洋医学が苦戦している病気にさえ有効性が認められ、進化しているという。

 入門書のようなタイトルだが、堅苦しいものでなく、楽しみながら漢方のことがわかる。お酒の席でのネタにもなるので、健康な人にもお薦めだ。

(朝日新聞出版社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る