「丁先生、漢方って、おもしろいです。」丁宗鐡/南伸坊著

公開日:  更新日:

 丁先生は南伸坊さんのホンモノの主治医。大病院で肺がんの疑いをかけられたことで、診察を受けるようになったという。

 この本は、南さんの質問に丁宗鐡先生が縦横無尽に答える掛け合い形式。「漢方が西洋医学に負けたワケ」から「漢方で治す風邪」「聖武天皇の漢方薬」「下痢にも便秘にも効く薬」など、興味深い話がわかりやすく書かれている。

 漢方はがん、アルツハイマー病、動脈硬化、アレルギーなど、西洋医学が苦戦している病気にさえ有効性が認められ、進化しているという。

 入門書のようなタイトルだが、堅苦しいものでなく、楽しみながら漢方のことがわかる。お酒の席でのネタにもなるので、健康な人にもお薦めだ。

(朝日新聞出版社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る