• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「医者を選べば認知症は良くなる!」河野和彦著

 認知症の新たな治療体系であるコウノメソッドを確立、7割以上という高い症状改善率を誇る医師が、治療の詳細を明らかにしていく。

 認知症の症状には脳組織の破壊によって起こる記憶障害や判断力低下といった「中核症状」と、ここから派生して起こる徘徊や幻覚、過食やうつ状態などの「周辺症状」の2つがある。多くの医師は中核症状の治療を試みるが、むしろ周辺症状を優先して治療することが、患者と介護者にとって最善の道だと著者。同じ認知症でも周辺症状は患者個々の性質によってさまざまであり、一般的に認知症治療に用いられているアリセプトや抗うつ剤などによって、周辺症状が悪化するケースもあるというから要注意だ。

 巻末にコウノメソッド実践医のリスト付き。

(東洋経済新報社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る