「医者を選べば認知症は良くなる!」河野和彦著

公開日:  更新日:

 認知症の新たな治療体系であるコウノメソッドを確立、7割以上という高い症状改善率を誇る医師が、治療の詳細を明らかにしていく。

 認知症の症状には脳組織の破壊によって起こる記憶障害や判断力低下といった「中核症状」と、ここから派生して起こる徘徊や幻覚、過食やうつ状態などの「周辺症状」の2つがある。多くの医師は中核症状の治療を試みるが、むしろ周辺症状を優先して治療することが、患者と介護者にとって最善の道だと著者。同じ認知症でも周辺症状は患者個々の性質によってさまざまであり、一般的に認知症治療に用いられているアリセプトや抗うつ剤などによって、周辺症状が悪化するケースもあるというから要注意だ。

 巻末にコウノメソッド実践医のリスト付き。

(東洋経済新報社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る