「医者を選べば認知症は良くなる!」河野和彦著

公開日:  更新日:

 認知症の新たな治療体系であるコウノメソッドを確立、7割以上という高い症状改善率を誇る医師が、治療の詳細を明らかにしていく。

 認知症の症状には脳組織の破壊によって起こる記憶障害や判断力低下といった「中核症状」と、ここから派生して起こる徘徊や幻覚、過食やうつ状態などの「周辺症状」の2つがある。多くの医師は中核症状の治療を試みるが、むしろ周辺症状を優先して治療することが、患者と介護者にとって最善の道だと著者。同じ認知症でも周辺症状は患者個々の性質によってさまざまであり、一般的に認知症治療に用いられているアリセプトや抗うつ剤などによって、周辺症状が悪化するケースもあるというから要注意だ。

 巻末にコウノメソッド実践医のリスト付き。

(東洋経済新報社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る