【そうだ山へ行こう】山を愛する人々の名作53編がつまったアンソロジー

公開日:  更新日:

■「山の名作 読み歩き」大森久雄編
山と溪谷社(880円+税)

 登山や旅関連に精通する編集者が「山を愛する人々」の文芸作品53編を収めたアンソロジーが「山の名作 読み歩き」だ。紀行文、エッセー、詩や俳句など多種多様な作品を集めてある。

 自然の厳しさを生々しく語る者、登山の心得のないやからへの苦言を呈する者、経済至上主義によって山の静謐さが失われていくことを嘆く者、滑落の恐怖を味わい、いまだ夢に見る者、山頂での生理現象をユーモラスに描く者。いずれにせよ山に魅了され、足を運び、己と対峙した人の心模様は興味深い。「山登りは単なる肉体運動ではなく、一種の精神活動を伴う行為」という著者の思いが伝わる構成だ。

■「東京近郊トレッキング BESTコースガイド」
昭文社(1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る